【日記】文化

「令和」の典拠となった万葉集・梅の歌とは?

新元号「令和」 その典拠となった万葉集「梅花の歌三十二首の序文」は、天平2年(西暦730年)の正月の13日、歌人で武人の大伴旅人(おおとものたびと)の太宰府にある邸宅で開かれた梅花の宴の様子を綴った一節である。 角川ソフィア文庫の「新版 万葉集 現代語…