【メモ帳】新聞を読んでいて気になったワード(サ行)

<サ>

サステナビリティ【Sustainability】
「持続可能性」を意味する言葉。企業活動分野では、利益を上げるだけでなく社会的責任を果たすことで、将来においても事業を存続できる可能性を持ち続けるという意味で用いられる。

 

サムライ債【Samurai bond】
国際機関、外国政府、民間企業等が、日本の投資家を対象に、日本国内市場で募集・発行する円建ての債券。
海外の発行体がサムライの国・日本で発行する債券という事からこう呼ばれる。正式名称は「円建外積」。

 

<シ>

シルバーデモクラシー
有権者のうち、高齢者が占める割合が高いため、高齢者の意見が過剰に政治に反映されやすい状態を指す。

 

シンギュラリティ【Singularity】
人工知能が、さらに優れた人工知能を再帰的に創造し、人類の知能を超える圧倒的に高度な知性が誕生する転換点(技術的特異点)もしくは、それがもたらす世界の変化のこと。
2029年には人工知能の賢さが人間を超え、2045年にシンギュラリティに到達するといわれている。

 

<ス>

スチュワードシップコード
金融機関による投資先企業の経営監視などコーポレート・ガバナンス(企業統治)への取り組みが不十分であったことが、リーマン・ショックによる金融危機を深刻化させたとの反省に立ち、英国で2010年に金融機関を中心とした機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンス(解釈指針)のこと。

 

STEM【Science,Technology,Engineering,Mathematics】
科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する言葉。米国では2000 年代から経済成長の源泉としてSTEM人材を育成する取り組みが進み、国家戦略として推進してきた。
日本でもこの分野の人材が不足するとの危機感などからようやく普及が進み始めました。2020年からの小学校でのプログラミング教育の必修化になるとみられる。

 

<セ>

セルフレジ
買い物客が自分で清算するシステム。買い物客は、商品の値札に印刷された
バーコードをレジの読み取り部分にかざし電子マネーで決済する。
時間に限りのある客が多い駅構内、通称「駅ナカ」で特に需要がある。

 

<ソ>