気になったニュース覚え書き(2021年3月23日)

f:id:manten3:20210131225901j:plain

フランス電力公社(EDF)がミャンマー北東部で手掛けている水力発電所建設事業を中断すると発表

国軍によるクーデターで深刻な人権侵害が起きていることが理由、同事業には丸紅も参画。

EDFは2018年、ミャンマー政府(当時)から671メガワットの水力発電所をつくる事業を委託。同社と丸紅がそれぞれ32.5%、同国政府が25%、地元企業が10%を出資。

ミャンマーは国民約5千万人のうち半数近くが電気の無い生活。