【都道府県クイズ】第310回(問題&解説)2020年4月4日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/5lpXA8Q8KHk

 


解説


 「富山県」に関する問題です。

富山湾でしか獲れない貴重な「白えび」は、別名「富山湾の白い宝石」の異名を持ち、4月から11月までが漁の解禁期間です。

 富山湾の湾奥部では、沿岸から急激に深くなっているところが多く見られます。海岸近くまで海底谷が迫った海域に、周囲に比べて海の青さが一段と濃く見えるため、「あいがめ(藍瓶)」と呼ばれる海底谷があり、白えびはこの「あいがめ」で水揚げされます。

【都道府県クイズ】第309回(問題&解説)2020年4月3日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/AcuAXwV20TU

 


解説


 「香川県」に関する問題です。

「しょうゆ豆」は香ばしく煎ったそら豆をしょうゆ・砂糖などでつくったタレに漬け込んで味付けした郷土料理です。
「しょうゆ豆」の特色として、いわゆる普通の「煮豆」と違い、はじめに煎ることから、軽く噛むと口の中でポロッとくだける歯ごたえがあります。

 香川県は全国有数のソラマメの産地であり、独特のしょうゆ豆文化の背景にもなっていると言われています。ソラマメはいわゆる新豆と呼ばれて塩ゆでなどに使う「未成熟ソラマメ」と、爪の部分が黒くなるまで熟れた「成熟ソラマメ」の二種類に分類されます。干してしょうゆ豆に使うのは後者の成熟ソラマメです。

【都道府県クイズ】第308回(問題&解説)2020年4月2日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/ZL_GcPSVeQk

 


解説


 今回は、「大阪府」に関する問題です。

「 百舌鳥・古市古墳群 (古代日本の墳墓群)」は、大阪府堺市、羽曳野市、藤井寺市にある45件49基の古墳群の総称で、2019年7月6日の第43回世界遺産委員会で正式に世界文化遺産に登録されました。

百舌鳥・古市古墳群は、古墳時代の最盛期であった4世紀後半から5世紀後半にかけて、当時の政治・文化 の中心地のひとつであり、大陸に向かう航路の発着点であった大阪湾に接する平野上に築造されました。

構成資産のうち、もっとも大きなものは、仁徳天皇陵で、墳丘の長さ486mの前方後円墳で、次に大きな古墳は、応神天皇陵古墳で、墳丘の長さ425mの前方後円墳です。

【都道府県クイズ】第307回(問題&解説)2020年4月1日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/MeZirxriEHA

 


解説


今回は、「埼玉県」に関する問題です。 

1973年、株式会社西友ストアー(現:合同会社西友)が、埼玉県狭山市内にCVS(コンビニエンスストア)の実験店舗を開設しました。1976年にはCVS事業を「ファミリーマート」と命名しFC(フランチャイズ)オーナーの募集を開始し、1978年には船橋市内にFC1号店が開業しました。

2015年9月に、サークルKやサンクスを運営していたユニーグループ・ホールディングスと経営統合した上で同社を吸収合併して持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換し、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させました。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替え、合計店舗数は17600店舗近くとなり、セブンイレブンに次ぐ業界2位になりました。

 2019年9月1日付で、ファミリーマートは親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスに吸収合併され、親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスは社名を「ファミリーマート」に変更しました。 

【都道府県クイズ】第306回(問題&解説)2020年3月31日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/2_RlvGTxW-I

 


解説


今回は、「滋賀県」に関する問題です。 

「多賀大社(たがたいしゃ)」は、滋賀県犬上郡多賀町多賀にある神社で、「伊邪那岐命(イザナギ)」「伊邪那美命(イザナミ)」の2柱を祀り、古くから「お多賀さん」として親しまれています。

日本最古の書物「古事記」によると、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになられたとなっています。
 生命(いのち)の親神様であることから、古く「延命長寿・縁結び・厄除け」の神様として信仰を集め、鎌倉時代から江戸時代にかけては、武家や民衆にも信仰が広まり、多賀大社の分祀社は全国239社を数えます。

お守りとしてしゃもじを授ける「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがありますが、これは「お玉杓子」や「オタマジャクシ」の名の由来とされています。

【都道府県クイズ】第305回(問題&解説)2020年3月30日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/yLD14ZgdqKo

 


解説


今回は、「鳥取県」に関する問題です。 

日本国内で最初のトライアスロンは, 1981年に 皆生温泉(鳥取県米子市(よなごし)で開催されました。 それを記念して 米子市には「トライアスロン発祥の地」記念像が建てられています。

トライアスロンは, 水泳(スイム), 自転車(バイク), 走る(ラン)の 3種の競技を 組み合わせ 連続して競います。1974年に アメリカ・カリフォルニア州で初めて行われました。 この時は 合計225.2km という長距離の“ロングトライアスロン”だったのですが、 その後 1982年に, 標準の競技の距離を スイム1.5km, バイク40km, ラン10km, トータル51.5kmと設定され, 現在この競技距離が オリンピックなど主要大会に採用されています。

【都道府県クイズ】第304回(問題&解説)2020年3月29日

【ニコニコ動画で視聴する】

【YouTubeで視聴する】https://youtu.be/6nM1iMdz7XY

 


解説


今回は、「福島県」に関する問題です。

 「若松城」は、福島県会津若松市追手町にあった日本の城です。地元では鶴ヶ城(つるがじょう)と呼ばれていますが、同名の城が他にあるため、地元以外では会津若松城と呼ばれることが多いようです。国の史跡としては、「若松城跡」の名称で指定されています。 

1868年(慶応4年)、戊辰戦争の戦闘の一つである会津戦争にて、会津勢の立て篭もる若松城は新政府軍に包囲され砲撃を受けました。1か月の間持ちこたえたが、降伏し開城しました。

幕末の会津藩が組織した部隊には、玄武隊、朱雀隊、青龍隊、白虎隊などがあり、「白虎隊(びゃっこたい)」は、会津戦争に際して会津藩が組織した16歳から17歳の武家の男子によって構成された部隊です。(中には志願して15歳で出陣した者、幼少組として13歳の少年などもいました)。 白虎隊(16~17歳)、朱雀隊(18~35歳)、青龍隊(36~49歳)、玄武隊(50歳以上)。

慶応4年8月23日(1868年10月8日)、白虎隊士中二番隊の少年20人が、敵に捕らえて生き恥を重ねより、士中(上級武士)らしくここで自刃しようという結論に至り、飯盛山で自刃しました。これは会津戦争を象徴する悲劇の一つとして広く知られます。