【メモ帳】新聞を読んでいて気になったワード (ア行)

<ア>

R&D【Research and Development】
企業や研究機関などにおける「研究開発」の事。プロダクトカンパニー(メーカー)においては、「製造」「販売」と共に、事業を構成する三要素のひとつ。
「研究開発活動」によって創出された技術・ノウハウを経営資産化したものが、知的資産(非技術を除く)と呼ばれる。

 

アセットアロケーション【Asset allocation】
資産分配のこと。資産を国内外の株式や債券、短期金融商品などに配分すること。
一般的に投資信託の投資目的等をもとに、投資環境や投資対象の分析を行いで資産配分比率を決定することが多い。

 

アントレプレナーシップ【entrepreneurship】
企業家精神のこと。新しい事業の創造意欲に燃え、高いリスクに果敢に挑む姿勢。
「コントロール可能な資源を超越して機会を追求すること」と定義されることもある。

 

<イ>

ESG
環境(Enviroment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取った用語。企業の長期的な成長の為に必要とされる3つの観点で、企業の株主である機関投資家の間で重要視される要因。投資の意思決定の際に、従来の財務情報だけでなく、ESGも考慮にいれる手法は、「ESG投資」と呼ばれている。

<ウ> 

うるう秒
地球の自転に基づく「天文時」と原子時計に基づく「原子時」のわずかなズレを修正するために挿入される時間。数年に1度、世界共通の標準時である「協定世界時」の1月1日か7月1日の午前0時直前(日本時間では1日の午前9時直前)に世界同時に挿入される。
2015年の7月1日には日本時間午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に午前8時59分60秒が挿入された。

 

<エ>

ADHD【Attention-deficit hyperactivity disorder】
注意欠陥多動性障害とも呼ばれる。「不注意」集中力がない・気が散りやすい、「多動性」じっとしていられない・落ち着きがない、「衝動性」 順番を待てない・考える前に実行してしまうといった3つの要素がみられる発達障害の一種。
ADHDはこれらの要素の現れ方の傾向が人によって異なり、「不注意優勢型」「多動性・衝動性優勢型」「混合型」の3つのタイプに分類される。

 

API【Active Pharmaceutical Ingredient】
医薬品原薬。医薬品の成分の中で目的とする効果を示す化学成分。医薬品の有効成分のこと。

 

エクソソーム【Exosome】
細胞から分泌された脂質二重膜で形成される直径40nm~100nm程度の小胞。
生体では唾液、血液、尿、羊水、悪性腹水等の体液中で観察され、培養細胞からも分泌される。

 

エンジェル税制
ベンチャー企業への投資を促進するため、一定の条件を満たす未上場のベンチャー企業に対して、個人が投資した場合に、投資時点と株式売却時点のそれぞれで、税制上の優遇措置を受けることができる制度。

 

 <オ>

恩顧主義 【Clientelism】
人から受けた好意に対してはお返しをするという社会的交換の一種。
政治学の概念では権力者が自分の有力支持者に対して恩恵のある政策や事業を行い、有力支持者からは見返りに政治献金等の見返りを受ける政治手法のこと。

 

オンボーディング【on-boarding】
「機内」や「乗船」という意味の「on-board」から派生して生まれた造語。
企業が新たに採用した人材(新卒社員や若手社員だけでなく、中途社員やプロフェッショナルなどの新規社員全て)が一日も早く戦力化し、組織全体との調和を図ることを目的とした一連のプロセスを意味する。
その他、企業が提供するサービスなどの新たなユーザーとなった顧客に対し、そのサービスで得られる体験の満足度を高め、継続的な利用を促すための一連のプロセスもオン・ボーディングと呼ばれる。